腰痛の緩和法「腰痛体操」

人気の腰痛治療マニュアルTOP3はこちら

腰痛体操

腰痛体操を行う目的は2つあります。

1つは筋肉を収縮させて筋力を強化すること。

もう1つは、筋肉を伸ばして筋肉の柔軟性を養うことです。

では具体的なやり方を見てみましょう。

まず、仰向けになって膝を立てます。両手は腹部においてください。

ゆっくりと息を吐きながら起き上がってゆくのですが、その際にヘソを見るようにしてください。

頭が20cmぐらい上がったところで5秒ほど停止します。

5秒が無理な場合は2秒ほどから始めるのも良いでしょう。

また、臀部と背中の筋肉を鍛えるための体操もあります。

はじめは、仰向けに寝て、膝を立てます。

手を両脇で伸ばして床にくっつけます。

ゆっくり息を吐きながら背中の部分と同時にお尻を上げてゆきます。

10センチほど上がったところで5秒ほどそのままとまります。

この体操は、鍛える場所の筋肉を意識して行ってください。


背筋を鍛える体操
まず、うつぶせになり両手を頭の後ろで組みます。

足をパートナーに押さえてもらいましょう。

そうしたら、背中に意識を集中させて、反動をつけずに反り返ります。

元の体勢に戻り同じ動作を繰り返します。

背筋は普段鍛えることが余り無い筋肉なので、最初のうちはかなりきついと思います。

なので、最初は5~6回から始めるようにしましょう。

無理をするよりも、持続してトレーニングできた方が効果的です。

自分が限界と感じるところまで反り、反りきったところで数秒静止することにより、
回数が少なくても大きな効果が期待できます。

このように、背筋と腹筋を鍛え、腰の部分の湾曲を伸ばしていくことで腰の痛みも和らぎます

これらの体操に加えて、軽い運動をすれば血流が良くなり、より効果的です。